「ココア」は、健康食材として知られています。ココアに含まれる成分で注目したいのが、「カカオ・ポリフェノール」です。

ココアに含まれるポリフェノールは、赤ワインよりも多量です。カカオ・ポリフェノールは、強い抗酸化作用があり、花粉症やリウマチ、ガンを予防するのに効果的です。また、肌の老化を予防し、美白を保つなど、美容面においても効果があります。

また、カカオ・ポリフェノールは、ダイエットの効果を期待できることもわかっています。ポリフェノールには、体内にたまりやすい、余分な脂肪を作り出さないようにする働きがあります。

そのほかに、注目したい有効成分は「食物繊維」です。食物繊維は、便秘を改善させる効果のほかに、コレステロールを低下させる作用があります。また、食物繊維は、お腹の中で膨れるという性質をもっています。さらに、ミネラルが豊富に含まれているので、貧血や冷え症で悩まされている人にも効果的です。

クッキーダイエットの基本的な方法を紹介します。

まず、すぐにやせたい人は、1日3食のうち、朝食か昼食を、クッキー5枚に置き換えます。

摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまっては、当然、体重は増える一方です。夕食を置き換えるのは、難しいと思うので、まずは、朝食か昼食を普段の食事メニューから、クッキーに置き換えてみてください。意外と、朝食や昼食が、カロリーオーバーとなっていることが多いです。クッキーは腹もちがとても良いので、それほど辛くないと思います。どうしても辛い人は、初めは、ご飯やパンの代わりにクッキーを食べて、おかずを控えめに食べるようにしてください。

先程も述べたように夏野菜には体内の水分を補い、さらには不要な水分を尿として排出してむくみを解消してくれる効果があります。

野菜だけではなく、夏に食べる食事に関しても、ダイエットなどに効果のあるものがいくつもあります。

例えば、ざるそばやそうめん、冷奴などは冷たくて食べやすくすっと食べれてしまいます。
しかし食べ過ぎると体を冷やしすぎてしまうのでよくありません。
そのため、シソ、ミョウガ、ショウガ、ネギなどの薬味を一緒に摂取することで、栄養のバランスを整えることができます。

その他に、冷やし中華はたんぱく質、炭水化物、脂質のバランスがよくいいメニューです。
さらに乗せる野菜もきゅうり、トマト、卵など低カロリーのものが多いので、ダイエット効果としても栄養面でも良いメニューです。