「雑穀クッキー」の作り方

| トラックバック(0)

「雑穀クッキー」を手作りする場合は、ミネラルやアミノ酸成分が豊富に含まれた、てんさい糖や黒砂糖などを使用すると、より大きなダイエット効果が得られるでしょう。

それでは、1枚46kcalの穀物クッキー(20枚分)の作り方を紹介します。今回は、きび砂糖を使用しますが、これもカルシウムやマグネシウム、鉄分といったミネラルが豊富に含まれています。また、まろやかな甘さとコクのある、自然な風味の砂糖です。

1、フライパンで好みの雑穀大さじ3を、弱火でから煎りします。香ばしい香りがしてきて、煙が出てきたら火を止めます。

2、ボウルに、サラダ油大さじ3ときび砂糖(なければ白砂糖でも良い)35gを入れて、とろとろの状態になるまで混ぜます。さらに、水大さじ1を加えて混ぜ合わせます。

3、2に振るった小麦粉100gと塩ひとつまみを入れて、1を加えたら、生地全体がしっかりと馴染むまで、切るように混ぜ合わせます。

4、天板にオーブンシートを敷いて、3を小さじ1杯分ずつ並べます。フォークを水で濡らして、背でつぶすようにして広げます。180度に温めたオーブンで、約15~20分間焼いたら、完成です。

クッキーの熱を冷ますときは、クッキングシートの上に置いておけば、余分な油が取り除かれて、さらにヘルシーになります。

雑穀クッキーの効果的な食べ方は、便秘を改善するために、朝食の代わりとして、牛乳や水などの水分と一緒に食べると良いです。また、満腹感が得られるので、おやつの代わりに食べるのもおすすめです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://clean-electric.org/mt/mt-tb.cgi/47

このブログ記事について

このページは、clean-electricが2013年7月20日 05:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「黒豆クッキーダイエット」の効果」です。

次のブログ記事は「「雑穀クッキーダイエット」の効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。