私たちの腸の中には、400種類もの腸内細菌が生息していて、その数は100兆個にもなると言われています。

腸内細菌は体に良い「善玉菌」と、悪い影響を与える「悪玉菌」、どちらにも属さない「日和見菌」とに分けることができます。

善玉菌の代表格としてよく知られているのはビフィズス菌などの乳酸菌ですね。
悪玉菌にはウェルシュ菌やブドウ球菌、日和見菌にはバクテロイデスや大腸菌などがあります。

健康を保つためには、善玉菌を増やして腸内バランスを整えておく必要がありますが、悪玉菌が増えてしまった場合、私たちの体にはどのような影響があるのでしょう。

・インドールや硫化水素などの有害物質や発がん性物質を作ってしまうために、生活習慣病やガンを誘発してしまう恐れがあります。
・免疫力が低下するため、病気にかかりやすくなってしまいます。
・下痢や便秘を繰り返すようになります。

私たちの身の回りには、たくさんの「菌」が存在しています。
これらの菌は、食べ物や飲み物などで体の中に入り込み、私たちの腸の中には400種類もの腸内細菌が生息していますよ。

その様子は草原に生えている草花のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内細菌を分類すると、体に良い菌である「善玉菌」、悪い影響を及ぼす「悪玉菌」、普段は良いのですが悪玉菌が多い場合に悪い影響を及ぼす「日和見(ひよりみ)菌」の3種類に分けることができます。私たちの腸の中ではこの3種類の菌達の陣地争いが常に行われているのです。

腸内細菌全体の数は人によって違いはないのですが、菌の種類のバランスは人それぞれ異なります。
健康を維持するためには、腸内細菌のバランスを良くすることが大切ですよ。
一般的にみると、腸内細菌のうち3~15%を悪玉菌が占めているのですが、悪玉菌が増えて腸内バランスが崩れると、病気になりやすい体になってしまいます。

地球上にあるたくさんの菌の中でも、私達の体にとって大切な働きをする菌の1つに「乳酸菌」があります。

乳酸菌は、腸の中で生息している細菌の1つです。
人間の腸の中には100種類ほどの細菌が生息していて、その数は100兆個にも及び、重さは1㎏以上にもなります。
それらの中でも、腸にとって良い働きをしてくれる「善玉菌」の代表とも言える菌が乳酸菌なのです。

乳酸菌は糖類や炭水化物を発酵させてたくさんの乳酸を作り出していますが、この乳酸は腸の中の雑菌や有害な菌の働きを抑える働きをしていて、私達の体にとって大切な働きをしていますよ。免疫力を高めたり、アレルギー作用をやわらげたり、最近話題になっているピロリ菌を攻撃するなど、様々な効果が実証されているのです。
赤ちゃんの腸の中にはたくさんの乳酸菌が生息していて、抵抗力の少ない弱い体を病原菌から守る役割をしていますよ。

健康を維持するためには腸内環境を整えておくことが大切です。
善玉菌を増やして悪玉菌の働きを抑制し、腸内細菌のバランスを良くしてくれる「乳酸菌」を多く含む食品を積極的に取り入れていきましょう。

乳酸菌といえば「ヨーグルト」を思い浮かべる人は多いかと思いますが、日本で古くから親しまれている「漬物」にも乳酸菌はたくさん含まれていますよ。

漬物に含まれる乳酸菌は「植物性乳酸菌」と呼ばれています。
ヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳酸菌より厳しい環境の中で生息している植物性乳酸菌は、生きたまま腸まで届く乳酸菌として、より効果的に働いてくれるのです。

一言で漬物といっても様々な種類がありますが、中でも「ぬか漬け」は良質な植物性乳酸菌がたくさん含まれている漬物です。

私たちの体にとって大切な役割をしている「乳酸菌」。乳酸菌を多く含む食品といえば、ヨーグルトを思い浮かべる人は多いかと思いますが、日本で古くから愛されている「漬物」にも植物性乳酸菌がたくさん含まれています。

漬物の中でも、最近注目されているものに「すぐき漬」があります。
名前を聞いてもピンをこない人もいるかもしれませんが、「ラブレ菌」はよく耳にするのではないでしょうか。テレビCMなどでも話題になっていますよね。すぐき漬は、ラブレ菌を含む漬物として世界的に注目されている漬物なのです。

「すぐき」とは、カブと同じ種類の京野菜です。根は20cm程度で短く、円錐形をしています。葉は比較的大きくて肉厚で、菜の花のような可愛らしい花を咲かせる野菜です。

私たちの腸にとって大切な役割をしてくれる乳酸菌。
乳酸菌には様々な種類がありますが、最近注目されている乳酸菌といえば「ラブレ菌」ではないでしょうか。CMなどで聞いたことのある人は多いですよね。

ラブレ菌は「ラクトバチルス ブレビス サブスピーシス コアギュランス」という長い正式名称が付いています。
ルイ・パストゥール医学研究センターの岸田綱太郎博士が、京野菜である「すぐき」というカブの一種の漬物から発見しました。
1993年にはマスコミで報道され、日本で生まれた乳酸菌として大きな話題になり、注目されるようになりました。
健康志向が強いアメリカでも「マジックピクルス」などと称されて注目される食品となっていますよ。

私たちの体にとって大きな働きをしてくれる「乳酸菌」。乳酸菌はヨーグルトなどに含まれる「動物性乳酸菌」と、野菜や大豆などの発酵食品に含まれる「植物性乳酸菌」の2種類に分けることができます。

動物性乳酸菌が含まれるヨーグルトやチーズは、一般的に良く知られていますよね。最近では乳酸菌を多く含んでいることをキャッチフレーズにしているヨーグルトがたくさん市販されています。

植物性乳酸菌を含む食品にはどのようなものがあるのでしょう。
日本人に馴染み深い食品としては「漬物」でしょう。中でもぬか漬けは多くの乳酸菌を含む漬物です。
また、「味噌」も良質な乳酸菌を多く含む発酵食品です。
テトラジェノコツカス・ハロフイルスという難しい名称をもつ、耐塩性の強い乳酸菌が多く使われていますよ。

健康を考えるなら腸内環境を整えることが大切です。
腸の中には様々な菌がありますが、善玉菌の代表格である乳酸菌が多いほど腸の中が健康に保たれていることになります。

無菌状態で産まれてくる赤ちゃんのお腹の中に最初に入ってくるのが「悪玉菌」です。
ですが、すぐに乳酸菌の代表格でもあるビフィズス菌が腸の中で増えていき、赤ちゃんのお腹の中は100%ビフィズス菌となります。
この状態がずっと続いてくれれば良いのですが、残念ながらその後の生活習慣により、ビフィズス菌はどんどん減少していってしまうのです。
年齢的には若くても、腸内環境が悪くて腸年齢はずっと年配・・という人も少なくありませんよ。

乳酸菌は腸の中の善玉菌を増やし、腸内環境を整えて便秘を治したり、病気を予防したりといった働きをしてくれることは良く知られていますよね。

ですが乳酸菌のパワーはこれだけではありません。
最近では「アレルギー」に対する効果も注目されていますよ。

春先になると「花粉症」に悩む人は多いですよね。
また、動物の毛やホコリなどにアレルギー反応を起こしてしまう人もいるでしょう。
これらのアレルギー症状は、過剰な免疫反応から起こるものです。

花粉やホコリなどの異物が体内に入ると、免疫細胞から炎症を引き起こしてしまう物質が分泌されて、鼻水や鼻づまり、皮膚炎などの症状を引き起こしてしまうのです。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌には様々なものがありますが、「ビフィズス菌」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

ビフィズス菌は腸の健康を保つ乳酸菌の代表格と言えるものです。
1989年にフランスの研究所で発見され、Y字やV字の形をしている特徴があります。この独特の形から、ラテン語で「分岐する」という意味をもつ「ビフィズス」と名前が付けられました。

産まれたばかりの赤ちゃんの腸内は無菌状態ですが、次第に大腸菌や腸球菌などの悪玉菌が入ってくるようになります。生後5日頃になると、母乳やミルクに含まれる乳糖をエサにしてビフィズス菌が増え始め、ほぼ100%の菌がビフィズス菌となります。赤ちゃんの弱い体はビフィズス菌の力によって守られているのですね。
その後、離乳期になって色々な食品を摂るようになると、ビフィズス菌の割合はどんどん減少していきます。3才頃からは、全体の20%程度となりますよ。大人になるにつれて、様々な細菌が増えるようになります。