明治製菓が販売しているプロテインダイエット食品である、パーフェクトプラス・プロテインダイエットは牛乳を使用して作るが、より低カロリーで摂取しようとするならば、牛乳の代わりに低脂肪加工乳を使用するのも良いだろう。

このようにパーフェクトプラス・プロテインダイエットに低脂肪加工乳を使用することによって、例えば牛乳200mlを加えた場合にカロリーが220kcalなのに対して、低脂肪加工乳を同じく200mlと混ぜた場合は約180kcalで済む。これで、パーフェクトプラス・プロテインダイエットはかなりカロリーを押さえることが出来るという事が分かると思うが、それでも11種のビタミンに加えて3種のミネラルなど、1日に必要とされている栄養素の約半分がこのパーフェクトプラス・プロテインダイエットには配合されている。さらに、カロリーをコントロールするのに必要なL-カルニチンや大豆たんぱく質なども含まれている。そのため、このパーフェクトプラス・プロテインダイエットを飲むことで、日ごろの食事で不足しがちな栄養素も一緒に摂取することが出来る。痩せながら、必要な栄養素も摂れるということで、健康的にダイエットできて一石二鳥である。
さらに、明治製菓のパーフェクトプラス・プロテインダイエットはその値段の安さも魅力の一つである。プロテインダイエットが約250円であり、低脂肪加工乳が約40円とすると、1日でかかるパーフェクトプラス・プロテインダイエット代は約270円~約290円である。1日でこれだけの安価であれば、それほど毎日の負担になることなく続けることが出来るだろう。

明治製菓の販売しているプロテインダイエット専用の商品がある。「パーフェクトプラス・プロテインダイエット」である。その作り方も非常に早くて簡単である。

まず、少し大きめのコップコップを用意し、それに牛乳または低脂肪加工牛乳を200ml注ぎ入れる。そこに「パーフェクトプラス・プロテインダイエット」1袋(25グラム)を加える。その後、すばやくかき混ぜる。これで完成である。実に簡単で手早く出来る。
このパーフェクトプラス・プロテインダイエットは、1日3食のうちの1食だけを食事の代わりに飲むだけでよい。
パーフェクトプラス・プロテインダイエット1袋(25グラム)に牛乳200mlを加えた1食分の中にはきちんと1種類のビタミンと3種類のミネラルが含まれている。さらにカロリーを抑えるならば牛乳の代わりに低脂肪牛乳を使うと良い。もし、プロテインダイエット25g(1袋分)に牛乳200mlを加えて作った場合のカロリーは約220Kcalとなるが、低脂肪牛乳を使用し、プロテインダイエット25g(1袋分)に低脂肪牛乳200mlを加えて作った場合、そのカロリーは約180Kcalにまで抑えられる。

DHCプロテインダイエットと美容

| トラックバック(0)

美容に関する商品で有名なDHCは皆もよく知っているだろう。そのDHCがプロテインを摂取することによってダイエットをする「プロテインダイエット」の商品を販売している。

DHCから出ている商品であるだけに、ダイエット中の美容についても徹底的に追及した商品となっている。このプロテインダイエット商品の中には、1袋の中に1回の食事で摂取する必要のあるたんぱく質や22種類のビタミン、ミネラル、さらには美容とスタイルをサポートする成分がしっかり入っている。もっと詳しく言うと、この「プロテインダイエット」を1杯飲むことでコエンザイムQ10を35mg、ヒアルロンサン20mg、オルニチン塩酸塩120mg、ポリフェノール120mg、食物繊維7500mgを摂取することができるのである。

美容に関する商品を多く販売している有名なDHCから「プロテインダイエット」のための商品が出ている。

これは、さすがDHCだけあって、ダイエットを成功させるだけでなく、健康をキープすること、美容にも良い事などを基本として商品作りをしている。そのため、プロテインダイエット1袋に、食事1回に本来必要なたんぱく質や22種類のビタミン・ミネラルなどがしっかりと配合されている。
また、DHCの「プロテインダイエット」はアミノ酸スコアが100である。アミノ酸スコアとは、たんぱく質の栄養価を科学的に示す数値のことである。これは、食品に含まれる9種類の必須アミノ酸を対象として測定されるものであり、必須アミノ酸量の必要な量に対して最も不足している必須アミノ酸の割合を表したもののことである。「100」に値が近いほど、高たんぱく質食品だと言える。つまり、アミノ酸スコアが100であるDHCのプロテインダイエットは高たんぱく質食品であり、すばやく必要なたんぱく質を摂取することができると言える。

DHCのプロテインダイエットは簡単に、そして素早く作ることが出来るのも利点である。

●用意するもの
☆DHCプロテインダイエット専用シェーカーコップまたは、水が約600ml入るシェーカー
☆水350ml
☆DHCプロテインダイエット1袋
●作り方
1.DHCプロテインダイエット専用シェーカーコップのメモリを見ながら350mlの水を入れる。
2.自分の好きな味のDHCプロテインダイエットを入れる。
3.ふたを閉めてシェイクする。
4.ダイエットドリンクの出来上がり!

大豆プロテインダイエット

| トラックバック(0)

プロテインダイエットは今、たくさんの女性が注目しているダイエット方法である。手軽にできるし、作り方も牛乳に混ぜるだけという簡単さである。さらに、ダイエットでは痩せる代わりに健康を損なってしまったりストレスが溜まったり、挙句の果てにはせっかくダイエットが成功してもリバウンドしてしまったりすることも多い。

ところがプロテインダイエットでは体に欠かせない栄養素もしっかりと摂取できるため、毎日飲んでいても健康に良い食品なのである。また、その含まれている栄養素とは植物性たんぱく質からなる大豆たんぱく質・ビタミン類・カルシウム・鉄・亜鉛などであり、その他にもコレステロールや腸の機能の改善などの効果があるとされている食物繊維などがある。

ホエイプロテインダイエット

| トラックバック(0)

最近話題のプロテインダイエットのプロテインとは、アミノ酸からできている。アミノ酸を体内に摂取することによって、体の中の脂肪を分解しやすい状態にするのである。このような状態でトレーニングをする事によって、脂肪をより早く分解しダイエットの効果をもたらすというのがプロテインダイエットである。

また、このプロテインダイエットはプロテインを摂取することによってダイエットを成功させる方法であるが、最近ではホエイプロテインというプロテインが注目を集めている。
このホエイプロテインとは簡単に言うとホットミルクを作った時にミルクの表面にできる膜の部分であり、牛乳などに含まれている乳性タンパクのことである。このホエイプロテインとは、たくさんあるたんぱく質の中でも比較的体内へ吸収されるスピードが早く、体内に吸収された際に利用される確立も高いと言われており、先進的なものとして人気を高めている。

プロテインの飲み方

| トラックバック(0)

日本人が一度に体内で処理できるたんぱく質の量は35g程とされている。これ以上の大量なたんぱく質の摂取は体内で消化しきれずに腸の中で腐敗を起こしてしまう可能性があるので過剰摂取には注意する必要がある。

近頃では欧米人の体格に日本人の体型が近づきつつあるので、昔よりは日本人のたんぱく質処理能力は上がっているのかもしれない。しかし、一度に過剰摂取することは良くないし、避ける様にした方が良いだろう。
また、プロテインダイエットとは食事の代わりにプロテインを飲むダイエット方法だが、このような飲み方によって、体に必要な栄養を摂取しつつ、より効率的にエネルギーを抑えられる。
しかし、プロテインは運動のエネルギー源とは言いにくい。そのため、食事の代わりにプロテインを摂取し、その後にエクササイズなどの激しい運動をする生活パターンがあるのであれば、運動をする時に必要である炭水化物を体の中に予め確保することは難しいかもしれない。

プロテインの摂取量

| トラックバック(0)

プロテインダイエットは、プロテインを摂取し、適度な運動を行うだけの簡単な方法で健康的に痩せることのできるダイエット方法として女性を中心に人気が出ている。

その作り方も商品を牛乳に溶かして混ぜるだけでよいので面倒くさがりの人にも簡単に続けることができる。要は、たんぱく質を容易に摂取できるのがプロテインのメリットであるが、気をつけなければいけないのは、好きな時に好きな量のプロテインをとればよいというのではないということである。もちろんプロテインの摂取方法によっては、どのような効果が出るのかは変化してくるのである。

プロテインダイエットとは

| トラックバック(0)

最近話題のダイエット方法の一つに「プロテインダイエット」というものがある。ここで言う「プロテイン」とはアミノ酸の集合体のことである。つまりは、「プロテインダイエット」とはアミノ酸によるダイエットの方法だと考えてよい。
また、このアミノ酸は体内に吸収することによって脂肪を分解しやすい状態にすることから、ダイエットに非常に効果的だといわれている。
しかし、ここで気を付けなければいけないのは、このプロテインダイエットは、ただプロテインを摂取することだけで完成するものではないということである。脂肪を分解させるためには、有酸素運動を行うことが必要なのである。これによってアミノ酸を活かし、脂肪を分解させることが必要なのである。
つまり、プロテインを摂取することによってダイエットが成功するわけではなく、プロテインを摂取し、それに加えて有酸素運動を行うことによって初めて「プロテインダイエット」が完成するということである。